制服クリーニングでパリっと仕上げ|せんたく便を選択する

洗濯機

仕上げ作業が大切

アイロン

ほとんどの大手クリーニング店では、仕上げ作業に「トンネル仕上げ」を導入しています。トンネル仕上げは自動仕上げ機といって、機械が自動で衣類をプレスしてくれる方法です。処理スピードが早いため生産性が高く、大量のクリーニング品を仕上げることができるのが特徴です。しかし、衣類の種類や機械の状態によってはシワが完全には伸びないなどの注意点もあります。機械はその都度臨機応変に状況判断ができないので、より丁寧に仕上げるには人力で行なうことが大切です。クリーニング店によっては再度トンネル仕上げを行なうなどの対策をとっているところもあります。とはいえ、生産性が下がってしまうことやコストが掛かってしまうため、仕上げ費用が高くなることが考えられます。

その他にも、人の力を借りて行なう仕上げ機があります。この仕上げ機なら、衣類の品質や状態に応じて仕上げ作業が行なえるので、素人や経験が浅い人でも綺麗にクリーニング品を仕上げることができます。しかし、自動仕上げ機と比べると、スピードが遅くなるため、受け取りが遅くなるなどの問題点が挙げられます。はやく受け取りたい人は大手企業のクリーニング店に依頼しましょう。個人クリーニング店では、職人さんがアイロンで仕上げ作業を行なっています。手間がかかり、生産性が少ないことが注意点ではありますが、その分、丁寧に仕上げてもらうことができます。満足な仕上がりになるので大切な衣類がある人は、手作業での仕上げを行なっているクリーニング店に依頼しましょう。また、手作業での仕上げは、職人さんの技量と経験が仕上がりを大きく左右するので、信頼できるクリーニング店を探しましょう。